FC2ブログ

輸入住宅を建てる前に。

輸入住宅を建てる前に知っておくと、ちょっとお得な情報+αをお届けします。(輸入建材JCT)

ホワイト ミラークローゼット入荷

Posted by 輸入建材JCT スタッフ on   0 comments   0 trackback

 4月にカナダへ行ってきた。もう2ヶ月前の事になる。1億円、 8000万円の家の中を見せて頂いた。非常に勉強になった。自分も海外に住んで居た経験はあるが、1億円の家など見た事が無かったので。(価格を意識して見た事が無かった)
 そこで多く使用されていたのが ホワイトフレームの ミラークローゼット。引き戸はウォークインに使用。折り戸はちょっとした物置に使用。室内がより広々と感じた。弊社既存のミラークローゼットはシャンペンゴールド、ブラスゴールド色のフレームのみだったが、ホワイト色が加わる事により、さらに輸入住宅の室感が充実するでしょう。結構白い壁が好きですよね。ぴったり合います。
 ご使用時にはクローゼットの廻りにケーシングなどは付けずシャープな感じを作ってください。
 日本で使用する場合の場所ですが、玄関に設置すれば、お出かけ前の身だしなみチェックにも最適。寝室に取り付けて姿見の替わりにも使用できます。トイレ洗面所の物置につけても効果的 大きな鏡が全身を映し出してくれます。是非ご検討ください。
 価格も経済的。弊社努力の価格ですので是非ご検討をお願いいたします。
 HPも見てください。 人気で売り切れたら大変ですね。。。

 この商品 下のレールがあります。完全バリアフリーではありません。海外ではジュウタンの家が多く、下レールはちょうどジュウタンの厚み分になります。(海外ではバリアフリーになる。)
 13mmありますので注意してください。


 カナダ行った時、ちょっとあしをのばして、動向したお客様とイチローを見てきました。野球は好きで メジャーは何度も見ていますがやっぱり感動!バックネット裏に座ったのですが、隣に座った方はスコア付けていましたね。マニアックな方が居るものです。ちなみに一番最初に見たメジャーはマイクピアザが新人でドジャースにいた時でした。ドジャースタジアムの3階席で見ていましたが 3階席に届くほどの大きなホームランを見た事をまだ鮮明に覚えています。今年はアナハイムに在籍今じゃベテラン選手しかもDHで4番でした。是非アメリカに行った際は野球観戦でも。野球はファミリー観戦スポーツで、メインは バスケット アメフト ですがね。。なぜ試合開始が7:05と「5分」がでるのか。それがあいまいではない海外の方の良いところなんでしょうね。
  

 
 昨日は大井の帝王賞 がんばりましたが 2着3着では。。。残念でした。武豊が前走、前々走と騎乗していた馬が一着。先週の宝塚記念と同じでした。
 
 次回は 今年のTHE OPEN (全英オープン)のコース紹介を付録に

 では。。。 ホワイトフレーム ミラークローゼット 検討お願いします。
 

木製室内ドア

Posted by 輸入建材JCT スタッフ on   0 comments   0 trackback

 室内ドア、木製室内ドアには重厚感がある、木でできているので格好良さもある。新建材でできた室内空間とはまったく違い、家の年齢と共に良さが出てくる。生活をしていればきっと傷も付くこの傷は別に修理しなくても大丈夫 木(無垢)なので。塗装したい場合は自分でも出来るメリットがある。高級感もある。この様な木製室内ドアを適正な価格で輸入しているのがJCT。是非展示場に足を運んで触れてみてください。カタログや写真だけでわからない何かがあなたをお待ちしています。

デッキ材の問い合わせ

Posted by 輸入建材JCT スタッフ on   0 comments   0 trackback

 弊社のデッキ材は マイシ と言う木を使用している。最近のお客様はデッキ材は素足で歩きたい方がいる。これも仕方がない事。ただ、外国では 素足でデッキ材の上を歩く事は非常~に少ない。靴を履いている事を想定して輸入、販売しているので是非ご理解していただきたい所ですね。ど~しても素足で歩きたい方は別の木ではない物を使用した方が後々良いでしょう。
 木は塗装しないと持ちが悪くなるので塗装してくださいね。自然の木事態も色が変化しますのでご理解は十分にしてください。
 
 最近親戚に不幸があり、偶然ですが、和尚さんと話をする機械が多かった。 「王様だけの島は栄えない」「王様のいない島は栄える」 そんな言葉があるそうです。勉強になりました。
 
 今週は宝塚記念 GI 楽しみな一戦です。

おっと 銀行に金を入れてこないと。。。

 

室内ドアはなぜ外開きなんだろうか?

Posted by 輸入建材JCT スタッフ on   0 comments   0 trackback

 玄関ドアもそうですが、なぜ日本の室内ドアは外開きなんだろうか?
海外では内開きが主。 そうすることにより、廊下と言う歩くだけのスペースを小さくし、部屋と言う家の中の常時いる居住空間を広くする事が出来る。日本住宅の吹き抜け部分の2階の廊下を体験すると「ずいぶん廊下が広いんですよね」なんかもったいない気がします。以前に書いた、収納の家具はこの廊下部分のちょっとしたスペースをもらって部屋に置けばきっと 広い部屋が出てくると思うのです。内開きの室内ドアは便利ですね。是非お試しください。

Posted by 輸入建材JCT スタッフ on   0 comments   0 trackback

玄関ドア: 日本の住宅の玄関ドアは 外側に開くのが特徴。 海外では(欧米では)内開きが通常。なぜ違っているのか?誰でも知っていると思いますが 日本には玄関があるんです!靴を脱ぐから外開きでは無い様な気がします。海外の方でも 靴を脱いで生活している方も沢山います。日本人のように靴下 素足ではありませんが(室内用のスリッパの様なものを履いて。余談ですが、私が住んでいた所にはスリッパを売っていなかった)なぜか内開きの方が楽ですよ。買い物から帰ってきて、荷物がいっぱいの時など、ハンドルガチャガチャして、足で蹴っ飛ばしても、自分の体重でドアを押しても開きます。考えてみたら、日本のホテルのドアって 内開きですよね。 別に困らないと思いませんか? 防犯的にも デットボルトのピッキング対策にもなります。 木製玄関ドアが反っても反った部分もあまり木にならないし、いいですよ。今度家を建てる方がいましたら是非一考してみてください。JCTでは内開き玄関ドアの輸入も可能です。